2015-12-01

食パンスライスのコツ教えます。


「スライサーがないので、食パンスライスは出来ません…」とお伝えすると、一瞬息を飲む方の多いこと山の如し(←使い方、間違ってますね…)まー、書きたい事はイロイロあるのですが、それはまた別の機会に。

食パンとパンナイフ
よく切れるパンナイフで切りましょー。

スライス方法


パンを塊のまま冷凍庫で凍らせて、半解凍状態でスライスします。サンドイッチ用の薄いパンも、ご覧の通り思いのままです。(半解凍の目安は、パンの周りが柔らかくなったかな…という感じです)

柔らかくなりすぎると、切りにくくなりますのでご注意を。残りを再冷凍しても問題ありません。(他のパン屋さんのパンは?ですが)ただしハルタの食パン袋は冷凍向きではありませんので、冷凍する時はラップに包んだ方が無難です。

スライスのポイント


ゆっくりとナイフの刃渡りをすべて使って、バイオリンを弾くように、押しつぶさずに切ってください。スライスは「カットしてある面」から「耳(=端)」に向かって切る方が比較的スライスしやすいです。上の写真だと左から右に切っていきます。

スライスしている途中でパンが柔らかくなりすぎて切りにくい時は、少し冷凍庫に入れて固めてみてください。あまり頻繁に繰り返すと、パンがパサパサになりますので計画的に!

よく切れるパンナイフで


おススメは、ウェンガーヴィクトリノックス。写真のパンナイフは、ヴィクトリノックスのもので刃渡りは22cmくらいです。食パンのスライスには、最低でもこれくらいの刃渡りがないとキビシーです。

お値段的にはちょっと高めですが研ぎ直しも出来ます。まぁ普通のご家庭であれば、おそらく一生研ぎ直すことはないと思いますが…(「波刃」は研ぎ直しが出来ないとよく言われますが、出来ます!その話はまた今度)

パンだけでなく「トマト」や「巻き寿司」なども切り口を潰さずにスパッと切ることが出来るので、一家に一本持っておいて損はないと思います。ウチ、何本あるんだろう…

出来るだけブロックのままで…


パンはスライスした瞬間に水分や香りが飛び、乾燥・劣化が始まります。パンは出来るだけ「塊」のまま買って、カットしながら食べた方が断然おいしいです。味、香り、保存性などもかなり違いますよ。

いいパンナイフがあれば、今よりもっとおいしいパンを食べることが出来ます。そういう楽しさもあじわっていただけたらな…とパン屋は日々思いながらパンを焼いてます。

焼きたてのパンは…


焼いた当日のパン、焼きたてであればあるほど、水分を含んでいるのでスライスしにくいです。特に北海道産小麦は、輸入小麦に比べると「でんぷん質」が多いからかチョー切りにくいです。

ハルタのスライサーが壊れた原因はこの「でんぷん」なのです。刃にベッタリとパンがくっついて、回転を止めてしまい壊れてしまいました。新しいのを購入しても当日のパンは切りにくく、また壊れる恐れがあるので購入を断念しました…

ハルタの食パンは、当日よりも翌日の方がおいしいんです。実は…一晩置いた方が、水分も程よく抜けて香りもなじんでおススメです。スライスも翌日の方が切りやすくなります。

特にサンドイッチは、当日のパンでは水分が多すぎてフィリングを挟むと潰れてしまい、おいしさも半減します。またフィリングにも水分があるので、少しパサついているくらいのパンの方がおススメです。


こちらもご参考にどうぞ👇

パン保存のコツ教えます。

パン保存のコツ教えます。

よくTVで…


焼きたての食パンを釜から取り出して、パカッと半分に割って、湯気モウモウのパンを「アチッ!アチッ!」と言いながら食べて「おいしー!!やっぱり焼きたては違いますねッ☆」などと言っているのを見ますが…バ(以下自粛)

以上つらつらと書いてみました…少しでもご参考になれば幸いです。

_________________________

ハルタ huluta

札幌市中央区大通西23-2-25
ラ・メール円山公園1F
◆OPEN 10:00-17:00
◆定休日 火・水
https://huluta.net
_________________________